ホームページのファーストビュー

ホームページのデザインでとても重要とされるトップページのファーストビュー。

ホームページのファーストビューとは、表示する画面の中に入るページの先頭部分のこと。

例えば、最近のノートパソコンであれば、モニターサイズは高さ800pxぐらい。

ただし、Windowsのタスクバーやブラウザの上部にあるメニューバーなどいろいろあるので、600pxぐらいしか表示されないパソコンもあると思います。

閲覧者がホームページを開いたときに、スクロールしないで見れる部分のことをファーストビューといい、ここがホームページでとても重要なところといわれています。

ホームページを見た閲覧者が、次にどの行動を起こして欲しいか。

コンテンツメニュー(ナビゲーションバー)はファーストビューに入っているか。

浜松の企業や店舗のホームページでも、ここにこだわっているホームページ制作会社も多いと思います。

情報を詰め込むことも大事ですが、詰め込みすぎて逆に何を見て欲しいかわからないホームページではダメなので注意が必要です。

ホームページを作成するときは、ファーストビューも注意して作成してみてください。